日頃からの健康管理で十分有効!心臓病の予防法

簡単な予防は食事の工夫から

心臓病のリスクを増大させるのは血中コレステロール値の増大である事は誰もが知っている事でしょう。心臓への血流を悪化させてしまうこれらの症状を防ぐ為には、何よりも日頃の食事管理が最も有効なのです。血中コレステロールを増やす脂肪分豊富な肉類や脂分、マーガリンや生クリームを出来るだけ控え、血液をサラサラにする効果を持つEPAやDHAを多く含む青魚、そしてコレステロールの排出効果を持つ繊維質を豊富に含む新鮮な野菜類を意識して食べる事が重要です。

オフは意識して汗を流すのがベスト

また間接的に血中コレステロールを増大させる要因として日頃からの運動不足も挙げられるでしょう。日頃からの適度な運動は心臓病意外の生活習慣病や成人病を防止する効果も認められており、積極的に運動をするに越した事はありません。いきなり負荷の大きな運動はストレスや身体を痛める元ですから、まずは軽いジョギングやウォーキングといった有酸素運動をじっくりマイペースで行い、体内の脂肪を燃焼させるのがベストです。また元々メタボ気味で足元に負担が掛かり易い人なら、プールでの水中ウォーキングがベストマッチです。

ストレスで血圧を上げない生活スタイルを

血圧がすぐに上がってしまう人は血管にも負担が大きく心臓病リスクもまた上がってしまうもの。ですから出来るだけ日々の生活に対しゆとりを持ち、ストレスが掛からない生活を心掛けるべきですよね。早起きして早目の通勤を心掛け、通勤ラッシュに遭遇しない様にするのも良い工夫ですし、オフなら確実なストレス発散手段を持つ事も大変有効でしょう。その一つとして前述の運動が挙げられますが、すこし日常を離れ大自然と親しむアウトドアを楽しむのも良いアイデアです。

大動脈弁狭窄症の症状が出た場合は、ただちに適切な医療機関で治療を受けることが大事です。まずは、医療機関の口コミサイトを参考にしましょう。